「パスワードがわからない」「リセットディスクがない」状態のWindowsのパスワードを変更するときに使ったツールと手順

パスワードがわからずログインできないWindowsに、どうにかしてログインしなくてはならないときに試した手順です。

2012年秋ぐらいの情報なので、リンク切れがあったり、手順が使えなくなっている可能性もあります。
パソコンの中のデータだけを取り出したい場合は、対象となるパソコンのハードディスクを取り出し、外付けHDDとして使えるケースに入れ、別のパソコンからつないでコピーした方が簡単でリスクが少ないと思います。

ここで記載された内容を権限を持たないコンピュータに対して行った場合、法的な責任を問われる可能性があります。また、コンピュータに修復できない深刻なダメージを与える可能性があります。
実際の作業にあたっては細心の注意を払い、ご自身の責任においてお試し下さい。

用意するもの

  • ブランクCD
  • USBメモリ

使ったもの

  • ophcrack

設定済みのパスワードの自動解析するツール(フリー)
http://ophcrack.sourceforge.net/

  • Kon-Boot

Windowsのパスワード画面を回避するツール($18.99≒1500円)
http://www.thelead82.com/kon-boot/konbootWIN.html

  •  Offline NT password & Registry Editor

Windowsのパスワードをクリアしたり、編集したりするツールhttp://pogostick.net/~pnh/ntpasswd/

 手順

  1. ophcrackのサイトからISOをダウンロードCDに焼いて、Windowsが入ったPCでブート
  2. ophcrack解析失敗
    (日本語ユーザ名かつパスワードが辞書にないっぽい)
  3. Kon-Bootのサイトでツールを購入
  4. レジストするとファイルがダウンロードできるようになるので、ファイルをUSBメモリにインストール
  5. Kon-BootをインストールしたUSBメモリからPCをブートする
    (USBメモリのKon-Boot→Windows起動という流れ)
  6. Windowsのパスワード回避成功
  7. データをバックアップ
    (この状態では、パスワード変更やリセットディスクの作成は行えない)
  8. Offline NT password & Registry Editorのサイトからファイルをダウンロード、USBメモリにインストール
  9. USBメモリからPCをブート、黒い画面でコマンドを叩きパスワードをクリア失敗
    (日本語ユーザ名が原因?)
  10. Administratorをパスワードなしで有効化
  11. パソコンを再起動しWindowsを通常起動、Administratorでログイン
  12. 目的のユーザのパスワードを変更

Windowsにログインすることが目的の場合、無効化されている(隠しアカウントになっている)Administratorユーザを有効化し、Administratorユーザでログインし、ユーザ管理ツールから目的とするユーザのパスワードを変更すればよいので、 手順の3~6、10~12だけでよいかもしれません。

makoto について

デジタルガジェット大好き!! 小さい機械を片手に、JavaとFlex、PHPなど、いろいろなプログラミング言語・環境を行ったり来たりしながらプログラムを書いています。 最近お気に入りな環境は、Visual StudioとFileMaker。
カテゴリー: Windows, セキュリティ, 技術的なメモ タグ: パーマリンク