Excel 2016が英語表記になったとき日本語表記へ戻す方法

カテゴリー Office, Windows, 技術的なメモ

お客様から「Excelのメニュー項目の表示が英語になってしまった」と問い合わせをいただきました。

最初は、Excelの設定画面([ファイル]-[オプション]-[言語])で「表示言語の選択」の設定が変わってしまい英語表記になってしまったのかと思ったのですが、現地で調査をしてみるとどうも勝手が違うようです。

ここまでにわかっていること

  • Excelの表記が英語表記になっていた
  • WordやPowerPointは日本語表記のまま
  • Excelの設定は変えていない

マイクロソフトのコミュニティを調べてみると同じような現象の報告がありました。「Excel2016の英語設定を日本語に変更する方法をお教えください。(サーフェスラップトップ)

ここに書かれているようにWindowsの表示言語の設定(設定の[時刻と言語]-[地域と言語]-[言語])などを確認しましたが、Windowsの設定は「日本語」で問題がありません。
Windows Updateもすべて正常に行われているようです。
ダメもとでWindowsに言語を追加してみたり、Windowsの表示言語をいったん日本語以外の言語に切り替えて、日本語に戻してみたりしましたがExcelの表記は英語のままです。

追加でわかったこと

  • Windowsの表示言語の設定は「日本語」
  • Windows Updateはすべて正常に行われている

もう一度マイクロソフトのコミュニティに投稿された情報をよく読むと重要な情報を見つけました。

しかし、ストアアプリ版Officeなので、Windowsの表示言語と連動していて、画像のように、言語を追加できないようになっています。

問題を起こしたパソコンのExcelの設定画面を確認してみると、表示言語を切り替えるための項目が表示されていないことがわかりました。
インストールされているものはストアアプリ版のOfficeのようです。

ちなみに、デスクトップ版Excel 2016の設定画面は下記のような表示になります。
「表示言語の選択」という項目で表示言語とヘルプ言語の設定や、追加の言語リソースの取得(言語パック)ができるようになっています。

スクリーンショット 2018-06-26 0.41.44

さらに、確認をするとネットワークの接続が不安定だったようでインターネットにうまく接続できない状態があったようです。

さらに追加でわかったこと

  • インストールされているOfficeはストアアプリ版
  • ネットワーク接続が不安定だった

Windowsの『ストア』で「ダウンロードと更新」の状況を確認すると、Office系のアプリがダウンロードの途中でエラーになって保留状態になっていました。

保留状態になっているものを手動で更新し、更新が完了したところでExcelを立ち上げてみると…

日本語表記が復活!!

ストアアプリの更新に失敗したのが原因のようです。


パソコンのメーカーや導入した時期なども関係していた

今回の問題が起きたパソコンはデル社製のデスクトップマシンで2018年3月に導入したパソコンだったのですが、ここに落とし穴がありました。

デルのWebサイトで公開されているナレッジベース情報に「Office 2016 プリインストール版 アクティベーション方法(Windows 10)」という項目があります。

ここに以下に引用する記載があります。

    • Windows 10 Fall Creators Update 以降が搭載された PC にプレインストールされた Office 2016 は、Windows 10 ストアアプリ版 Office 2016 がプレインストールされています。
    • Office 2016 の再インストールは、Windows 10 の “Microsoft Store” アプリからインストールします。
    • 再インストールには、インターネット接続と初回セットアップで使用した Microsoft アカウントが必要となります。

導入した時期が2018年3月なので、Fall Creators Updateが適用されたWindows 10 が導入されています。
Fall Creators Updateが適用されたパソコンのプレインストール(PIPC) Office 2016なのでストアアプリ版Officeが導入されていたようです。

ストアアプリ版のOfficeなんてSurfaceだけかと思ったら、ほかのメーカーのパソコンにも入っていたとは…
今回はじめて知りました。


結論

Excelの表記が英語表記になった場合、導入されているOfficeがストアアプリ版かデスクトップ版かをチェックする。
ストアアプリ版の場合、『ストア』の「ダウンロードと更新」の状況を確認し、失敗している場合、ダウンロードと更新のリトライを行う。

デジタルガジェット大好き!!
小さい機械を片手に、JavaとFlex、PHPなど、いろいろなプログラミング言語・環境を行ったり来たりしながらプログラムを書いています。
最近お気に入りな環境は、Visual StudioとFileMaker。