タミヤ『カムプログラムロボット工作セット』とIchigoJamのサンプルプログラム

日曜日 , 16, 6月 2019 Leave a comment

タミヤの『楽しい工作シリーズ No.227 カムロボット工作セット』と『IchigoJam』の組み合わせで動くサンプルプログラムを作ってみました。

プログラムを実行するとIchigoJamにつながっているキーボードがリモコンになり、キー入力をするとカムロボット(カムロボ)が動きます。

IMG_1215

実行のために必要なもの

プログラムのライセンス

プログラム

IchigoJamを起動し、以下のプログラムを打ち込んでください。
(このプログラムを入力する前に、NEWコマンドを実行し前のプログラムをクリアしてください。)
10 I=INKEY()
20 IF I=0 THEN GOTO 10
30 IF I=30 THEN OUT 33:WAIT 10:OUT 0:GOTO 10
40 IF I=31 THEN OUT 18:WAIT 10:OUT 0:GOTO 10
50 IF I=28 THEN OUT 34:WAIT 10:OUT 0:GOTO 10
60 IF I=29 THEN OUT 17:WAIT 10:OUT 0:GOTO 10
70 IF I=17 THEN PWM 3,60:GOTO 10
80 IF I=127 THEN PWM 3,230:GOTO 10
90 IF I=19 THEN PWM 4,230:GOTO 10
100 IF I=20 THEN PWM 4,60:GOTO 10
110 PRINT "シラナイ コマンド デス"
120 PLAY "O4A16G16A4.G16F16E16D16D-8D4"
130 GOTO 10

0」(ゼロ)と「O」(オー)、「1」(いち)と「I」(アイ)など似た文字の打ち間違いに気を付けて打ち込んでください。

確認用のソースコードは下記のURLからダウンロードできます。
http://www.ria-lab.com/omiyage/camrobo.bas

使い方

RUNコマンド(F5キー)で実行を開始します。
プログラムを実行すると、プログラムはキーボードからのキー入力を待ち続けます。
矢印キーを押すとカムロボが前後左右に動きます。
INSERTキー、DELETEキーでカムロボの左アームが上下します。
PAGE UPキー、PAGE DOWNキーでカムロボの右アームが上下します。
それ以外のキーを押すと”シラナイ コマンド デス”と表示され音楽が鳴ります。
プログラムはループし続けるため、終了したい時はESCキーを押してプログラムの実行を中断します。

※注意


  • カムロボ本体とキーボードをつないだまま実行するので、カムロボとキーボードをつなぐケーブルは十分の長さがあるものを使用してください。
  • キーボードを押すとカムロボ自体が動くので、落下などの危険がない広い場所で実行してください。

改造

  • WAITコマンドの後の数字を変えてみる
  • 他のキーを使うようにしてみる
  • 連続した動きができるようにしてみる
  • アームの動きを細かくコントロールできるようにしてみる

など

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください