Web制作とWindows Azure

Webデザイナーの皆さん!

表示や動作のチェックってどうされていますか?
いろいろな方法があると思いますが、VMwareやParallels Desktopなどの仮想環境を使ってチェックされている方も多いのではないかと思います。

自分の場合も、仮想環境を用意しその上で確認をしていたのですが…
去年携わった”とある”案件で「Windows 7とIE9の組み合わせで動作がおかしくなる」という現象が発生しました。
その時の準備済みの仮想環境リストの中に問題の組み合わせがなく、OSの購入費用や設定時間を考え悩みに抜いた挙げ句、地元のヨドバシカメラまでひとっ走りして、59,800円のWindowsマシンを買ってきました。

6万近くの出費、痛いですよね…
実際、痛かった…orz

で、買ってきたマシンで確認をしたら、30分かからずに原因究明と対策までできちゃいました。
この”たった30分“のために6万円の出費…(´Д⊂グスン

で、この前エバンジェリストの話を聞いて覚えたのですが…
Windows Azureを使うと、使いたい時に使いたいだけ環境を用意でき、すぐに動作確認ができて便利です♪
インストールの時間ってけっこうかかるんですよね…
でも、Windows Azureなら、ものの数分で完了します。

スクリーンショット 2013-05-14 0.29.38

それに…
確認用の環境って、最初はそれだけのために用意しているつもりなんです。
でも、なんだかんだと面倒になっていろいろなソフトを入れてしまい、いつの間にか標準の動作なのかインストールしたソフトの影響なのかわからなくなってしまうことがあるんですよね。
そこで発生した問題を検証するためにさらに時間を費やすという悪循環…

その点、Windows Azureなら、いつでも数回のクリックでプレーンなWindows環境を用意でき、かつ使った分だけの課金なので、かなりおトクで楽ちんに動作確認が行えます。

気になるお値段ですが、料金表を見ながら簡易的に計算をすると…
去年の自分のケースの場合、10円かからずに解決できてしまいそうです。
恐るべしWindows Azure!

というか、あの6万円で何が買えたか…と考えると枕を涙で濡らしてしまいそうです
もっと早く使いたかった…(´Д⊂グスン

こういう便利なツールや使い方は、いざという時のためにいろいろと押さえておきたいですよね。

最後にいつもの宣伝w
Web制作時に便利に使えるマイクロソフトの製品やサービスを、(きっと紹介してくれる)マイクロソフトの「中の人」こと、エバンジェリストもいらっしゃるイベント
CSS Nite in AIZU, Vol.1 with Microsoft「HTML5+CSS3 Web Camp 2013」が、2013/6/1(土)に会津若松市で開催されます。
イベントの詳細な開催概要の確認や参加申込みは、特設サイトから行えます。

makoto について

デジタルガジェット大好き!! 小さい機械を片手に、JavaとFlex、PHPなど、いろいろなプログラミング言語・環境を行ったり来たりしながらプログラムを書いています。 最近お気に入りな環境は、Visual StudioとFileMaker。
カテゴリー: 技術的なメモ, 日々 パーマリンク