メモリ購入の前には規格の再確認を!!

月曜日 , 31, 3月 2014 Leave a comment

メモリ換装をするときにミスをしてしまいました。

本来であれば「PC3L」という規格のメモリにしなくてはいけないところ、「PC3」のメモリを挿してしまいました。たった、アルファベット一文字の違いなのですが、「PC3-XXXXX」と「PC3L-XXXXX」は駆動電圧が違っているために動作しません(PC3は1.5V、PC3Lは1.35V)。

よくよく規格を確認せずにメモリを発注してしまったためこのようなミスになってしまったのですが、本体が故障しなかったのがせめてもの救いです。

パソコンの部品の換装を行う前は、説明書に記載された規格を指さし点検した上で行わないと危険ですね。(;´д`)トホホ

 

ちなみに… 購入したメモリはCFD社のELIXIRシリーズ 「W3N1600Q-8G」。このメモリは、メモリ相性にめちゃくちゃ厳しいMacBook Proでも安定して使用できる上に比較的安価なので愛用していたのですが、今回はPCだったので油断しました。

IMG 0765

メモリ増設後の快適さを思い浮かべながら、「へぇー純正品なのに異なるメーカーのメモリが挿さっている」と思っていた頃が幸せでした。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください